憂鬱な通勤電車で気分転換をしようと思ったら小さな天使が現れた

今日はパートの日でした。週3回のパートですが家事との両立の1日をこなすとくたくたです。朝、電車に揺られながら今日も仕事だなぁ〜、帰ったらあれとこれとしなくては…と考え出したとたん憂鬱になってきたので、気分を変えるため電車の中で人間ウォッチングを始めました。立っている乗客があまりいない車内を数分、怪しまれないように眺めていたら、3歳くらいの女の子を連れた親子が私のとなりに座ってきました。とてもかわいいらしい女の子で、母親の膝に座りながら、電車の液晶テレビのCMを見ていました。女の子は母親に「ママ、リモコンないの?音が聞こえないよ!」と言いました。母親は「お家ではないからないのよ。」と微笑みながら答えていました。女の子は「ふ〜ん。どこかにいっちゃったんだね。」と母親に言いました。私は心の中でなんて純粋な発想なんだろう!とほっこりした気持ちになりました。我が娘はもうかなり成長しています。自宅に帰ったら、当たり前のようにリモコン片手にテレビを見ながらスマホをいじっていました。我が娘に今日の電車の中での出来事を話したら「それで?」と落ちを求めてきました。時の流れを勝手に一人でひしひしと感じた1日でした。借金返済 電話相談