明日は彼女に会いにアルバイト先のドリンクバーに行きます

明日は彼女に会いにアルバイト先のドリンクバーに行きます。行くにあたって、ただただ、長々と話をして帰るというだけでは芸がありません。そこで、前回のファーストコンタクトの時に得ることが出来た情報で、その方のお母さんが、手がけているプリザーブドフラワーのグッズを作って、プレゼントをしようと思います。ただ、その子には彼氏さんがいているので、関係を進めることは難しいかもしれません。ただ、デートはしてあげる。お食事に誘われれば誰とでも行くというスタンスの子らしいです。
 でもその方のお母さんの気持ちをつかむことはできそうです。ただ、その方のお母さんの気持をつかめたからと言って、その方の気持ちをつかめるということにはならないということを理解したうえでの贈り物という形式にしなくてはなりません。
 だからと言って商品開発に当たるときに手抜きはできないということは理解しております。さらに、その商品えをデザインしてしまうことで、一定のロット数の商品を作らなくてはならないという状況になることも考えねばなりません。
 この商品を取り扱ってもらえることが一番いいのですが、今はそこまで、考えません。