明日は彼女に会いにアルバイト先のドリンクバーに行きます

明日は彼女に会いにアルバイト先のドリンクバーに行きます。行くにあたって、ただただ、長々と話をして帰るというだけでは芸がありません。そこで、前回のファーストコンタクトの時に得ることが出来た情報で、その方のお母さんが、手がけているプリザーブドフラワーのグッズを作って、プレゼントをしようと思います。ただ、その子には彼氏さんがいているので、関係を進めることは難しいかもしれません。ただ、デートはしてあげる。お食事に誘われれば誰とでも行くというスタンスの子らしいです。
 でもその方のお母さんの気持ちをつかむことはできそうです。ただ、その方のお母さんの気持をつかめたからと言って、その方の気持ちをつかめるということにはならないということを理解したうえでの贈り物という形式にしなくてはなりません。
 だからと言って商品開発に当たるときに手抜きはできないということは理解しております。さらに、その商品えをデザインしてしまうことで、一定のロット数の商品を作らなくてはならないという状況になることも考えねばなりません。
 この商品を取り扱ってもらえることが一番いいのですが、今はそこまで、考えません。

自炊をしていろいろ変わったことやわかったことに関して話します

一人暮らしをしていた時にありがちなのがコンビニ続きの生活です。僕は朝昼夜全部コンビニで済ませていたのでもちろん食費もばかにならないほど高い!と感じました。おひるごはんも弁当を作るのが面倒でいつものコンビニに行く始末です。せっかく一人暮らし用に買った鍋谷ら食器が宝の持ち腐れになってしまいました。鍋もパスタをゆでたりするだけです。しかし僕が変わったのは介護の仕事をし始めてから料理をしなくてはならなくなった時の事。買い物やら調理をしなくてはならず限られたお金でやりくりしなくてはなりませんでした。これがまた面白くさっそく僕の家でもやってみようかなと実行。例えばスーパーの安売りの時に野菜やいろんな食材などを買って調理し作り置きしておけばあとでも食べれるので問題がないのです。あと料理はすごく大変だなと。いつも親が作ってくれていたことに感謝を隠せません。お米を炊くにしても材料を着るにしても食材の無駄はできない、食べれるところも今ではインターネットがあるのでそこまで徹底的に調べられるようになりました。とにかく料理をして自炊をしたほうが安いのと、大変さを学びました。あと健康的になったということです。バランスよく食べることによって口内炎もなくなりました。ミュゼ 100円

親のマナーの悪さは運動会までとは悲しい時代ですね。

「運動会で暴れだすモンスター保護者」という見出しのニュースがあったので覗いてみました。

暴れだすと書いてあったので、誰かに危害を加えていると思ったのでしたがそういうことではありませんでした。
校庭での飲酒・バーベキュー。徒競走へのクレーム・ゴミの放置などです。
しかし、どれもいただけないものですね。
なかでも、徒競走へのクレームは考えられないことです。
1番になろうがなかろうが何に影響するのでしょうか。
ただ自分の子供が1番になるという優越感に浸りたいだけなのではないかと思います。
そういう親をみている子供が一番悲しいでしょうね。
また、飲酒・バーベキュー、ゴミの放置などは運動会の開催通知に注意書きで記載されているはずです。
子供が学校で社会でのいろんなマナーを学び、それを守ろうとしているのに、親はそれを平気で破ってしまう。
それも子供のみている前で。
こういう状況はほんとうに悲しいことです。
これから自分の子供が社会にでて「自分の親はこういうことをやっていたから許されるんだ」と思ってしまえば
その子供は社会からはじき出されてしまいます。
自分の子供の将来も考えて、親自身に自覚ある行動をしてもらいたいですね。

こんな事がニュースになるとは、悲しい時代になったものです。ミュゼ100円だけ